2016年07月15日

永久国債なんて物が、、、

money_fly_yen.png
本日のFX。
休憩時間や昼休みにチェックしていたのですが、お昼前後に突然円安に進みます。
なんだなんだ?と思っていたら、なんでも「永久国債の発行についてアメリカと議論した」
というニュースで一気に円安になったみたいです。

突然の出来事に、ちょうど逆に買っていた私は大損こきました(>_<)
ほんと、FXは1000円増やして1100円減らす を繰り返している気がします(^^;

まあ、私の損は置いておいて、私の大損の原因になった「永久国債」ってなんやねん!!

ということで調べてみましたが、これがまた、、、

現在の日本国債は3年、5年、10年物があり、満期で元金を全額返金。
それまで毎年利子を払ってくれるのですが、永久国債はというと

元金をいつ返すかわからないけど、その間、利子は払うよ〜

という物(私の解釈なので、間違ってたらすみません)

よくわからないので、自分ごとに置き換えてみました。

金融機関から借金して、元金は一切返さず、利子のみ払い続ける状態

ってことですよね?

それが如何に辛いか、そして不毛なことか、借金返済をしているみなさんならわかるはず。

それを借金1000兆円の日本がやろうかっていうんですから、
日本の未来は暗いな〜、、、

そんなことやる前に、政治家の定数削減、給与削減をやってほしいと思うんですけどね〜。


債務・借金 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク




posted by りせっと at 00:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

とりあえず無事でした

先日書いた親の病気の疑いですが、病院で再検査したところ
問題ないでしょうとの事でした。

ご心配くださった方、ありがとうございました。

レントゲン技師の方は気になったので再検査を通知されたそうですが、
内科の先生が見る分には問題はないと。
ただ、念のため3ヶ月後にもう一回検査に来てとは言われているようです。

親に電話で聞いた時には
「もうそこまで回ってるんか」
と呆れ気味でしたが、なんにせよ
問題なくてよかった〜〜(^-^)

とはいえ、うちの親も高齢。
今回は大丈夫だっただけで、いつ何があるかはわかりません。

今回の事はほんとに教訓として、早く借金を返してゆとりを作らないとと思います。


債務・借金 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


ラベル: 病気 借金苦
posted by りせっと at 01:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

生存報告(笑)

028-trouble_free_image.png


同じ借金ブログで、時々コメントを書かせていただいているナツジさんから
生存報告してくださいねと心配していただいたので、
ここに生存報告をさせていただきます(笑)

先週のEU狂想曲からはや一週間。
荒れ荒れの為替の中、なんとか含み損になっていた2000円だけでも取り戻せるように
非常に集中したFXライフを送っていました。
あんたも懲りね〜なと思った方すみませんm(_ _)m

とりあえず9600円+2000円の含み損から10800円までリカバリしました。
この集中力が最初からあれば、、、
とは言っても仕方ないこと。

焦らずぼちぼちやります。

ところで嘘か誠か、24日、25日の電車の人身事故の多くは
損をした人の飛び込みだという話も出てましたが、
何百万、何千万を失った人、借金してまでここに賭けていた人はいるでしょうから、
あながち嘘でもないんでしょうね。

私は元手が数万だったのでまだ大したダメージではありませんでしたが、
それでも、借金返済の為に収入を増やす手段はないんじゃなかろうかと、
一瞬微妙な鬱状態に入りかけた気がします(^^;

お金のない状態ってやっぱり怖いですね〜。

早く抜け出すためにも、改めて何ができるか考えて行こうと思います。

まずは8月のイオン銀行のカードローンにおまとめチャレンジ。
収入増やす方もですが、利子や返済を軽減する方も継続して行きますよ〜!




債務・借金 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


posted by りせっと at 02:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。